ワイズ・カフェ Ys Cafe


ショップズなび

2017年からF1に「ハロー」導入、「エアロスクリーン」案も継続

pr_master_880-0312 2017年からF1に「ハロー」と呼ばれるドライバーの頭部保護装置が導入される。

 F1モナコGP(29日決勝)が行われているモンテカルロのホテルで、27日(金)にFIA(国際自動車連盟)と各チームの技術責任者が集まって5時間にわたる会議を行ったとドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』が伝えている。

その結果、2017年にハロー式の頭部保護装置を導入することで合意に至ったという。

 2017年から導入されるハローはチタン製。ドライバーが素早く降りられるよう、装置を開閉できる仕組みを取り入れる可能性もある。

 しかし、レッドブルが考案した透明なスクリーンで覆う「エアロスクリーン」型も開発を継続し、2018年以降の導入を目指すという。

 今季のシーズン前テストでは、フェラーリがハローのテストを行った。これを改良した「ハロー2」を6月にテストし、7月に最終決定する予定だと『BBC』が伝えている。

pr_master_880-0314pr_master_880-0313

■ドライバー保護装置の必要性が改めて浮き彫りに

公道を走るモナコGPでは、初日のフリー走行でオープンコックピットの問題点が改めて浮き彫りになった。

 排水溝を覆う金属製のふたが走行で巻き上げられ、後ろを走っていたジェンソン・バトン(マクラーレン)のフロントウイングに当たったのだ。ドライバーにぶつかっていたら大惨事は避けられなかった。

 チームメートのフェルナンド・アロンソは、「僕たち全員の背負うリスクを、可能な限り小さくするようにしなければいけない」とドイツのテレビ局『RTL』に語っている。

pr_master_880-0316pr_master_880-0315

, , , ,
【最終更新日】  2016年5月28日(土)

2016 最新水着コレクション


新春開運キャンペーン!アンケートで一眼レフカメラ・旅行券1万円等プレゼント!
http://s360.jp/
法人向けのETC専用カード
http://www.etc-kumiai.jp/
ライザップスタイルプログラム
http://www.kenkoucorp.com/
使いやすいから選ばれる【JFX|マトリックストレーダー】
http://www.jfx.co.jp/matrixtraderlp/
今まで無かった安くてデザイン豊富な下着の通信販売【ルイ・グラマラス】
http://www.ruiglamourous.jp/