ワイズ・カフェ Ys Cafe


ショップズなび

哀川翔、夜のヒットスタジオを3回出禁・300人と原宿で大乱闘など伝説を語る

 3月31日放送の『訂正させてください〜人生を狂わせたスキャンダル〜』に俳優の哀川翔(55)が出演。数々の“哀川翔伝説”の真実について証言した。

 哀川は一世風靡セピアのメンバーとして『夜のヒットスタジオ』に初出演した際、当時の新人ではありえない、真ん中の階段から登場して話題となった。そして、それは新人のくせに「外タレ扱いしろ、真ん中の階段から登場させろ」とだだをこねたからだ、と報道されたのだが、番組ではその真相について追及。再現VTRを見た哀川は「あんなにいばって言ってないよ。ただできれば、外タレみたいに出してもらいたいなって」と、発言を認めていた。

 さらに番組では、哀川が『夜のヒットスタジオ』を3回出入り禁止になっていることについて検証。

 1回目の出禁は、“スモークで滑り、スタッフに激ギレしたから”という理由。哀川は「バク宙やったりしてたから、自分たちより前の人がドライアイス使ったら、きれいに拭いておいてくれないと危ないですよ、って話をさんざんした」にもかかわらず、本番になると、やはり前の歌手の演出で使用したドライアイスの残りによって滑ってしまったため、哀川がスタッフにキレたのだという。哀川は「むちゃくちゃ怒られて。“てめえらガキに、そんなこと言われる筋合いねえんだ! もうおまえら、絶対フジテレビ入れねえからな!”って出禁」と、その当時の様子を話した。

 2回目は、“スタジオ袖から紙飛行機を飛ばし、他の出演者を邪魔する遊びをしたから”。この件について哀川は「出禁中に(スタジオに)行っちゃった」と言い、仲の良かった吉川晃司(51)や、田原俊彦(56)がいたから、紙飛行機を投げたとバラした。

 3回目の出禁は、“郷ひろみの決めポーズの瞬間に、前方宙返りで邪魔した”ことが理由。司会の芳村真理(82)から「ひろみくんが一生懸命やってるから、翔くんたちも盛り上げて」と頼まれたという哀川は、「間奏のいいところで、よし跳んでやろうと思って、空中回転して着地したら、ちょうど曲が終わっちゃったんだよね」「ヤバイと思って、そそくさと逃げるのを、カメラが追っちゃったんだ」と明かした。このことはかなりの話題となり、週刊誌に「自殺行為の空中回転」と書かれるほどだったという。郷に対して悪かったと思っていた哀川だったが、後日、郷と会ったら「あのときはどうもありがとう、翔くん」とお礼を言われた、と語っていた。

「いかにも哀川翔さんらしい、豪快な話です。同時に、今では考えられないほどゆるかった、昭和の芸能界を表しているエピソードでしたね」――天真爛漫な口調で、自身の伝説を「訂正なし」とした哀川翔。


暴走族との400人大乱闘伝説に「訂正しないね」

 俳優の哀川翔(55)が出演。かつて“300人対100人の大乱闘”を起こした事件の詳細を告白し、極楽とんぼの加藤浩次(47)やバカリズム(41)らを驚かせる場面がみられた。

 この番組は過去のスキャンダルについて、芸能人自らが真相を明かし、間違って報道された点を訂正していくという内容。今回は哀川の初スキャンダルとして、34年前、一世風靡セピアの結成当時に“原宿の竹下通りで300人対100人の大乱闘”という事件があったと紹介。当時の一世風靡セピアは大規模な暴走族グループと対立関係にあり、哀川は暴走族と総勢400人もが入り乱れる大乱闘を起こし、決着をつけたのだという。

 この事件について、バカリズムが詳細を説明したのだが、それによると400人の内訳は暴走族100人に対し、哀川側は300人だったことが判明。これを聞いた加藤は、「ちょっと、ガッカリですよ翔さん!」と、ショックを隠し切れない様子だった。

 続けてバカリズムがフリップを使って、当時の現場状況を解説。それによると竹下通りに暴走族100人がいて、原宿駅側に哀川翔軍団が150人、明治通り側に哀川の友人で俳優の中野英雄(52)が率いる軍団150人がそろい、哀川と中野の軍団総勢300人で暴走族を挟み撃ちにしたのだという。この大規模な喧嘩には、加藤も「戦国時代の合戦みたいですよ」と、驚きの表情を見せていた。

 ここで哀川は「1983年ってなってるけど、もっと前。俺が19歳ぐらいのときだったから、一世風靡よりも前だった」と訂正し、その頃は一世風靡セピアに加入する前で、ローラー族だったと明かした。哀川は続けて、中野も同じチームで人数は300人いたとし、当時の状況を「突然血だるまになった男が助けてくれって走ってきたわけ、ローラー(族)の1人が。“どうしたんだ?”って言ったら、“竹下通りで暴走族が暴れてる”、“やられてる”と。やられてるなら助けに行こうと」と、説明した。

 加藤が、暴走族を短時間で鎮圧できたのかと聞いたところ、哀川は「やっぱ道路だから(買い物客も多く)なかなか前に進めないわけだよ。かき分けるのが大変だったの」と回答。さらに「(暴走族のところに)たどり着いてガチャガチャしてる間に、すぐおまわりさん来ちゃった。むちゃくちゃ笛が鳴ったのよ。その笛聞いた瞬間にもう逃げたよ」と、一気に鎮圧できたわけではなかったと説明した。そして加藤から、結局、決着はついたのかと聞かれた哀川は「軽くついてんの。だって逃げながら見たら、暴走族みんな倒れてたもん」と、自分たちが勝利したと回答。この大乱闘報道については、「訂正しないね」とサラリと肯定し、加藤らを爆笑させていた。

「哀川には数多くの伝説があって、この日も哀川のコーナーが番組で一番の盛り上がりを見せていましたね。カブトムシを飼育して毎年5000匹も羽化させたり、毎年主催するキャンプには100人が集まるなど、哀川は今も伝説を作り続けています。ここまでやってくれると、これからも、いろいろと期待しちゃいますよね」

, , , , , , , , , , ,
【最終更新日】  2017年4月9日(日)

2016 最新水着コレクション
【BENETTON】レースフリルバンドゥービキニ
価格:12,000円(税別、送料無料)
胸元でゆれるレースフリルがキュートなデザイン。シンプルでカジュアルな水着です。脇リボンのレース付きのお花がポイントです。


新春開運キャンペーン!アンケートで一眼レフカメラ・旅行券1万円等プレゼント!
http://s360.jp/
30日間無条件全額返金保証/ライザップ
http://www.rizap.jp/
ライザップスタイルプログラム
http://www.kenkoucorp.com/
【★毎日更新★】「半額以上」の割引クーポンが目白押し♪普段の生活をさらにオトクに
http://racoupon.rakuten.co.jp/
高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店 オリジナル印鑑実印
http://www.inkans.com/