ワイズ・カフェ Ys Cafe

うな丼とうな重の違い

うなぎが食べられ出した頃(江戸中期)には、うな丼・うな重というものはなかったそうです。

江戸時代末期になると芝居小屋でも食べられるようになり、冷めないようにとどんぶりが 使われるようになったそうです。でも、その頃には今のように蓋はなく蓋がある丼が 登場するのは明治時代に入ってからで、大正時代に入ると、陶器の器ではなくもっと 高価な器(漆塗り)が登場してきました。

重箱を使うことにより見た目もよくなり、器を上絵などを書き加えた漆器を使用することにより 高級さをアピールしていったようです。


新春開運キャンペーン!アンケートで一眼レフカメラ・旅行券1万円等プレゼント!
http://s360.jp/
最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
http://sakura-forest.com/syouhin/kinari/
ライザップスタイルプログラム
http://www.kenkoucorp.com/
【★毎日更新★】「半額以上」の割引クーポンが目白押し♪普段の生活をさらにオトクに
http://racoupon.rakuten.co.jp/
今まで無かった安くてデザイン豊富な下着の通信販売【ルイ・グラマラス】
http://www.ruiglamourous.jp/