ワイズ・カフェ Ys Cafe

うな丼とうな重の違い

うなぎが食べられ出した頃(江戸中期)には、うな丼・うな重というものはなかったそうです。

江戸時代末期になると芝居小屋でも食べられるようになり、冷めないようにとどんぶりが 使われるようになったそうです。でも、その頃には今のように蓋はなく蓋がある丼が 登場するのは明治時代に入ってからで、大正時代に入ると、陶器の器ではなくもっと 高価な器(漆塗り)が登場してきました。

重箱を使うことにより見た目もよくなり、器を上絵などを書き加えた漆器を使用することにより 高級さをアピールしていったようです。


三井住友VISAカード ポイント3倍・年会費永年無料カード【お申込はこちら】
http://www.smbc-card.com/
法人向けのETC専用カード
http://www.etc-kumiai.jp/
オススメ!!レンタルサーバー【WADAXレンタルサーバー】
http://www.wadax.ne.jp/
生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】
http://7net.omni7.jp/top
高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店 オリジナル印鑑実印
http://www.inkans.com/