ワイズ・カフェ Ys Cafe


ショップズなび

滋賀県草津市・消火栓ホース、15年経過で4割水漏れ 野路町内会調べ

pr_master_880-1141 滋賀県草津市の野路町内会が、15年を経過した消火栓ホースを抽出して検査したところ、4割が水漏れを起こしていることが分かった。未使用で外見は古びていなくても、内部に亀裂があるという。他地域のホースでも漏水の恐れがあり、災害時の消火能力の低下が懸念されるため、住民から行政に支援の充実を求める声が上がっている。

 熊本地震を受けて、野路町内会は地域の消火設備を点検しようと、初めて消火栓ホースの耐圧検査を行った。町内会予算から費用を捻出し、南消防署と業者が協力した。
 町内には20メートルのホースが約180本あり、購入から15年以上過ぎたものは約110本。うち29本を抽出してポンプで放水したところ、12本で水漏れが発生した。内側のゴムのひび割れなどが原因とみられ、噴水のように激しく漏れるホースもあった。

 湖南広域消防局の元消防局長で、野路町内会長の中野宗城さん(65)は「これほど水漏れが起きるとは」と驚く。同町内会は、来年度中に10年以上のホース約140本をすべて取り換える方針。1本2万円程度かかるという。市の補助金も活用するが、不足分は町内会の予算でまかなう。

 消火栓ホースは実際に使うと、内圧で周辺の水道水に濁りが出る場合があるため、通常の訓練では放水しないという。今回のような耐圧検査は費用がかかり、ほとんどの地域では外観の点検にとどまっているとみられる。

 同町内会では「消火栓ホースが悲鳴をあげてます」と書いたチラシを各役員に配布した。中野会長は「ほかの地域でも同じ問題が起きているはず。ホースの検査や買い替えに対して、行政の補助を充実させてほしい」と要望している。

, , , , ,
【最終更新日】  2016年7月14日(木)

2016 最新水着コレクション


やよいの青色申告オンライン【弥生会計】
http://www.yayoi-kk.co.jp/
最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント
http://sakura-forest.com/syouhin/kinari/
30代からのエイジングケア、高級プラセンタとセラミド2週間分が1,080円
http://www.libatape.jp/
累計販売数13000本!メガ盛り谷間ブラ|小悪魔ブラ【三恵】
http://www.brassiere-shorts.jp/
高級印材を使い、高品質手彫り仕上げ印鑑実印専門店 オリジナル印鑑実印
http://www.inkans.com/